風俗業界でデリヘルのシェアが増える理由

風俗営業法が法律が改正

デリヘルは合法的に新規参入が可能です。風俗業界ではデリヘルが占める割合が増加。

風俗はこの地球上で最も古いビジネスだという説があります。歴史上には実にさまざまな風俗ビジネスが登場してきました。

諸外国では売春というシンプルなものがほとんどですが、日本は規制と業界の知恵のいたちごっこが長らく続き、実にユニークなものが登場しています。ファッションヘルス、ソープランド、ピンサロ、ホテトル、マンションヘルス、マンショントルコ…すべて和製英語なので、日本のものであると考えられます。もっともソープランドについては諸外国の売春と大差ありませんが、世界観は日本独特のものです。

風俗業界の主流となってきたファッションヘルスやソープランドに代わって、デリヘルが占める割合が増加しています。その背景には、風俗営業法が法律が改正されて、ファッションヘルスは事実上新規出店できなくなっている事情があります。

風俗は常に警察と向き合わなければならない業界なので、法律や条例の改正は大きく影響を与えます。デリヘルに関する法律や条例も規制が厳しくなっている流れにはありますが、新たに風俗ビジネスを起業させる為には、デリヘルしか選択肢がありません。

デリヘルが主流になっていくことが確実です。

  • デリヘル業界生き残りを賭けた差別化
  • デリヘルが最後の風俗ビジネス?






  • 自動相互リンク buzzlink