デリヘル店の最も多いトラブルが知りたい

デリヘル営業は、様々なトラブルがあるイメージがあります。その時のために、風俗店のバックにはヤクザがついている…などの話もよく耳にします。しかし、デリヘルの場合はバックにヤクザがついていることはほとんどありません。

トラブルをご紹介しつつ、その解決例を見てみましょう。

最も多いのが本番の強要です。

デリヘルは性的サービスをしますが、本番は絶対NGです。それを説明していても、本番を求める人は後を絶ちません。デリヘル店としても毅然とした態度で臨む必要があります。事実を確認できたら、警察を呼びましょう。

お客様がお金を持っていないトラブル

お金を持たずに風俗遊びをしようとするとは何なのかと思いますが、ほとんどの場合は確信犯です。妙な言い訳をしても同情する必要はありません。風俗でお金を持たずに遊ぶは無銭飲食と同じなので、悪質と判断したのであれば警察に通報しても構いません。

他には、「バックレ」行為です。

これは待ち合わせの場所に予約をしたお客様が来ないものです。おそらく、待ち合わせ場所に来てみたものの、思い描いていたタイプの女性ではなかったので帰ってしまったなどの理由が考えられます。

まだ実害が出ておらず、相手も誰なのか分からないので追求しにくいのですが、あまり続くようであればその電話番号のお客様を出入り禁止にしたり、サイトに表示している写真と実物とのギャップを少し小さくする工夫が必要になります。

  • 警察の立ち入り捜査時に必要なもの
  • コンパニオンの写真撮影で大切な心得






  • 自動相互リンク buzzlink